その収入にはどれだけお客さんが必要か?

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

 

【その収入にはどれだけお客さんが必要か?すぐわかるシステム】・・・略してSDHシステム!

これは、日本ママ起業家大学のオリジナルツール、
自分の生む「ビジネスのサイズ」をハッキリ見るための道具なんです。

wakaba

ママ大の授業で実際に使うSDHでは、あなたの時間管理も一緒に考えていくのですが・・・

ホームページでは、体験版として、だいぶ簡単な形になっています。

質問に答えて行くとあなたにSDHシステムから、回答メールが届きますよ

あなたは、あなたのビジネスのリアルな姿に、少々戸惑うかもしれません・・・。

説明するよりやってみた方が早いでしょう。

あなたのビジネスのタイプによって、
2種類の入口があります。

sankaku

1.シンプル販売モデルはこちら

服やアクセサリーなど物品販売、カフェなどの飲食店、ネイルやマッサージなどサービス提供など、何かの「価値」を提供してそれに対する「対価」を頂くという、一番シンプルなビジネスです。

2.月額会費モデルはこちら

料理教室、絵画教室などの塾・スクール系や、月何回訪問のケアサービス、有料会員制のサークルや定期購読マガジン等情報サービスなど、会員から月額いくらと会費を頂く継続課金のビジネスです。

実際には、月額基本料+従量制などのビジネスもあるでしょうが、
その場合は従量制部分も含めた平均値を月額会費として考えて
2を選んでみてください。

さぁ、どんどん使ってみてください。

・。+*+。・★・。+*+。・☆・。+*+。・★・。+*+。。+*+。・☆・。+*+。・★・。+*+。・゚

ご感想やご質問は、
webmaster(アットマーク)j-mec.comまで、お待ちしています!

そして、もっと詳しいことが知りたい!という方はぜひ、
ママ大 体験教室に足をお運びください


いよいよ募集開始!

ママ大 ビジネス基本コース第8期
Copyright 2017 日本ママ起業家大学/(一社)日本女性起業家支援協会