"稼ぐ"の先を目指して。

日本ママ起業家大学(略称:「ママ大」)は、日本の働き方・生き方の改革を、子育てまっ最中の母親(ママ)の起業を支援することで実現したいという熱意をもって集まったスタッフ&外部ブレーンによって運営されています。

ただ稼ぐ方法を教えるのではないママ大スタッフ。
「ノウハウ」は時代につれて変わっても、仕事や人生で大切なことの「本質」は変わらず、ずっと指標になることでしょう。

学長 近藤洋子 ご挨拶

ママ大のホームページをご覧頂きまことにありがとうございます。

あなたは、これから自分のビジネスを育てたいと思っているプレママ起業家でしょうか。既に何かに取り組んでいるママ起業家でしょうか。それとも「ママ起業家」というキーワードで何かを調べてらっしゃる男性でしょうか。

「ママ起業」を、趣味の延長とか、甘い、ぬるい など、やや後ろ向きの印象で捉えている方もおられるかもしれませんが、自分の得意や好きなことをいかしてビジネスしようという「ママ起業」は最も自然な起業のあり方です。ママ起業ならではのやり方で、マーケティング、マネジメント、情報発信のノウハウなどを会得すれば、お友達同士の販売から脱しハッピーに持続するビジネスになっていきます。
「コミュニティ」に根ざした働き方で自分とお客様と家族の満足をバランスよく求めるママ起業家たちこそ、経済だけだは図り得ない未来の鍵を握っているのだと私たちは考えています。

よきママ起業家が増えることが、日本の未来を明るくする。
さぁまずはあなたから!

日本ママ起業家大学 スタッフ&顧問

TEAM Jmec

学長 近藤洋子 | Yoko KONDO

FMラジオのDJ等喋りのキャリアは約15年。各分野のカリスマへのインタビューは延べ4,000人超。TV通販では家電ナビゲーターとして1日で1億円超の売り上げを記録。 「15秒で相手の心をつかみ、1分で売れる!」セルフプロモーションの専門家として、これまでに延べ300人以上の女性起業家たちに個別レッスン、セミナーを開催。 またプロアスリート専属のメディアトレーナーとしても活躍。 プライベートでは女児の母。働くママの会員制のコミュニティ”Dear.Tomorrow Family”の副代表も務めている。

事務局長 竹下 小百合|Sayuri TAKESHITA

夫婦・パートナー間に特化した「夫婦問題カウンセラー」

また知識・資金・人脈ゼロからの起業経験を活かし、コンサルタントとして活動中。2012年6月「笑顔で働きたいママのフェスタin仙台」を見て、私も変わりたい!と心が動き、2013年4月に夫婦問題カウンセラーとしてプチ起業。2013年同フェスタ実行委員長。同年12月創業補助金採択を受け、本格的に起業する。

現在は、日本ママ起業家大学事務局長。また、つながる・広がる輪を大切にする女性団体、Venus Club仙台支部代表。父親の笑顔を増やしたい、NPO法人ファザーリング・ジャパン東北監事を務める。

好きなことは「頑張る女性を応援すること」「キラキラ輝く女性を見つけること」
目標は「仙台から全国へ輝く女性を100人送り出す」。プライベートでは5才男児のシングルマザー。

プロデューサー 富田剛史 | Tsuyoshi TOMITA

トミタプロデュース 代表

「番組みたいに考える。」あらゆるものを"メディア化"する メディアプロデューサー/「メディア化」支援アドバイザー。 ウェブサイトや動画から、印刷物、お店、リアルイベント、TV・ラジオなどのマスメディアまで、いろいろな方法を駆使して、ビジネスを「メディア化」するのが専門分野。

日本ママ起業家大学のプロデュース役をつとめ、コンセプトの再構築、独自ツール開発、新カリキュラム構築のアドバイスのみならず実際に授業にも登壇。これまでにないママのための起業家スクール実現に尽力している。

コーディネーター 波柴 純子 | Junko HASHIBA

子供が3歳の時にシングルマザーとなり、お金の不安がきっかけでファイナンシャル・プランニングに関心を持つ。
それまで苦手だったお金・制度の知識を学ぶとことで日々の暮らしが安心に変わるのを感じ、これを他の人にも伝えたい、と転職を決意。

金融機関のファイナンシャル・アドバイザーとして約7年勤務ののち、2013年に独立し「人生は自分でデザインする」という想いを込め、屋号をCras-i design(クラシデザイン)と名付ける。
シングルマザーや起業家など、本気で自立したい女性にを対象に、個別相談・講演・執筆活動を行っている。
プライベートでは2015年に再婚、第2子を出産。

Cras-i design(クラシデザイン)ファイナンシャル・プランナー
一般社団法人 日本シングルマザー支援協会 理事
一般社団法人 ウーマンズ・エンパワメント協会 理事
一般社団法人 日本女性起業家支援協会 コーディネーター

顧問・アドバイザー

Adviser

顧問 蟹瀬令子 | Reiko KANISE

レナ・ジャポン・インスティチュート株式会社 代表取締役

上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターおよびコピーディレクターとして活躍。「ムーニー」「ヨード卵光」「コカコーラ」を手掛ける。
1993年クリエイティブマーケティング会社ケイ・アソシエイツを設立、オリジンズなどの外資系企業、および国内企業のブランドマーケティングを手がける。
1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを設立し、<すっぴん美肌>を提唱する一方で、ネットビジネス内での新プレミアムブランドの確立にチャレンジしている。

著書、共著には「やっぱ、”自分ブランド”でしょ」「紅茶暖流」「アメリカの潮流」等多数。

顧問 高橋ゆき | Yuki TAKAHASHI

家事代行サービスやハウスクリーニングを手がける株式会社ベアーズ専務取締役として、主にマーケティング、広報、人財育成を担当。
夫と共に自宅兼オフィスの小さな清掃業からスタートした会社を社員数180名、登録スタッフ4300名の業界リーディング企業に育てる。

2015年 には世界初の家事大学設立、学長として新たな挑戦を開始。
個人としても各種ビジネスコンテストの審査員やテレビ、雑誌のコメンテーターなどで幅広く活躍し、働く女性への講演も数多い。

一般社団法人全国家事代行サービス協会 副会長
家事大学学長
一般社団法人東京ニュービジネス協議会 理事

株式会社ベアーズ http://www.happy-bears.com
家事大学 http://www.kaji-university.com
人生まるごと愛してるブログ http://ameblo.jp/happybears-com

顧問 宮本直美 | Naomi MIYAMOTO

Coccotoグループ 代表 株式会社コッコト / 株式会社パワーウーマンスタイル / 株式会社パワーウーマンデザイン / 株式会社パワーウーマンプラス / 株式会社ウーマンエコノミクス総研

ベンチャー企業の経理職を10年経験後、第1子出産を機に退職。専業主婦になるつもりが、1年後大好きだった経理の仕事を個人事業主として再開。 子育てと仕事の両立の難しさに直面するたび「必要なものは自分でつくる」のポリシーのもと必要なサービスを事業化。在宅型派遣サービスを提供する株式会社コッコトを設立。 その半年後、事業所内保育施設コッコト保育室を設置。 2011年の東日本大震災後は、自宅起業を応援すべくPowerWomenプロジェクトを立ち上げ、事業化。プライベートでは、2児のママ。子どもを育てながら働き、働きながら子どもを産む。”ママが自然体で働ける・活動できる社会づくり”がライフワーク。そして自身も「自然体」で生きることがモットー。

アドバイザー 森本千賀子| Chikako MORIMOTO

株式会社リクルート エグゼクティブエージェント  エグゼクティブコンサルタント

約1万人超の転職希望者と接点を持ち、約2,000人超の転職に携わる。設立以来の売り上げ実績は社内トップ。入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞以来、常にトップを走り続けるスーパー営業ウーマン。これまで出された本も多数。 ■『HONKISWITCH ON ~本気になれば人生が変わる~』(ナナ・ブックス 2013年)■『メンターBOOKS女性管理職Q&A』(朝日新聞出版社 2013年)■1000人の社長から信頼される人の仕事の習慣(日本実業出版社 2013年)

アドバイザー 福島由美| Yumi FUKUSHIMA

株式会社由美プロ 代表取締役

キラキラHAPPYプロデューサー、イメージコンサルタント、人財育成トレーナー、イベントMC、ブライダル司会、恋愛カウンセラーとして幅広く活動。

めちゃ濃い情報を無料で!

マ マ マ ガ を読む
Copyright 2017 日本ママ起業家大学/(一社)日本女性起業家支援協会