浅枝真貴子さん|「文泊」プロデューサー

asaeda

ニッポンの文化財に泊まろう!「文泊」プロジェクトを運営 

「ママ大で手に入れたもの」

bunpaku1ママ大に入る前の私は、企業からの委託業務をこなすだけの委託業者でした。

それが、ママ大に入って、自らビジネスを創出し、メディアを意識したアプローチをしていくことを学び、これこそが私がやりかったことだと直感いたしました。

ただ学ぶだけではなく、考えたビジネスアイデアをあらゆる場で発表する機会をいただき、その度に、応援してくださる方とつないでいただけ、実行するための勇気をいただきました。(ある意味、言っちゃったからには、後には引けないなという崖っぷち感も(笑))

実行してみれば、今度は様々な課題が生まれたのですが、ママ大にいつでも相談できるという安心感が、ひとりで起業する不安感を払しょくしてもらえました。今の私は、ママ大に入らなければなかったと感謝しつくせません。

簡単に完成されたビジネスモデルが創出できるとは思いませんが、行動するきっかけと、継続的にビジネスモデルを見直していく育ビズプロセスがママ大で得られるものだと思います。

 

まずは神社ステイから「文泊」スタート

bunpaku2

台湾の方を日本にお招きし、神社にて巫女体験や雅楽体験などを経験しながらディープな日本文化にどっぷりとつかるステイを提供しています。

参加者が次の参加者を呼ぶ!?早速、口コミでも参加者が増えたりとこれまでにあまりなかった体験プログラムに、台湾の方も大喜びでした。今後、日本語クラスなどを保有する大学との提携や、旅行会社との提携などを考えています。また、台湾を中心に、日本へ好意をもってくれている他の国にもサービスを広げていきたいと考え、人的交流を深めていきたいと思っています。

このような活動を通じて、諸外国の方と我々の相互の理解が深まり、昨今の不安定な世界情勢においても一般人レベルで、よい友好関係をもてるのではないかと思います。

(参加者に優秀な方が多くて、将来要職に就かれる方も多そうで、きっと日本にとって将来の財産になるのではないかとも思います。)

 

また、体験に来られる方の数は限られています。 体験の様子をコンテンツ化することによって、この場に来られなかった人へも疑似体験をすることができるようなしくみにしていきたいと考えています。

 

「やりたい気持ち」がママ大への入学切符。

bunpaku3

「何か自分でビジネスをやりたい!」そう思っているママがいたら、どなたでもママ大をオススメしたいです。どんな内容でもいいと思うのですが、「やりたい気持ち」がママ大へ入学切符なのだと思います。 「○○だから私はやれない」と思っているとしたら、そのマインドブロックを解消してから入学することをお勧めします。ママ大は心理学的なアプローチはしません。ただ漠然と「変わりたい」と思っていているだけの方には、おすすめできないと思います。 具体的なビジョンがあって、素直にアドバイスを受け止めるマインドがある方、チャレンジ精神高い方にお勧めしたいと思います。

 

http://www.bumpaku.com/

 


現在募集中のコース

メディア化 超実践コース第2期
Copyright 2017 日本ママ起業家大学