でも、体は正直だからメンテナンスしないとねぇ〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本ママ起業家大学メールマガジン

    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、おはようございます!

日本ママ起業家大学 学長の

近藤洋子です。

我が家に猫ちゃんがきて、一週間。

猫とともに早寝早起き、の毎日です。

さて、今日は現役ママ大生、

たんのくみさんをご紹介させていただきます!

なんとですね、彼女、御年60歳!!

一念発起して起業に向けてがんばっています。

仙台出身。3人の子育ても一段落。

しかし、本当に女の人生というやつは、

・・・いろいろありますねぇ。。。

カフェオーナーやコンビニ経営などを経験される中、

長年連れ添ったご主人との熟年離婚、

そして、ご自身が乳がんを経験したことで、

何よりも「健康」を意識するようになったんだそうです。

私がこんな風に言うのもなんですが、

彼女のすごいところは、

とにかく「素直」なところなんです。

ほら、人って歳を重ねていくと、

自分の「我」が強くなって、なかなか人の話を聞く耳を持てなかったりするもの。

でも、彼女の場合は、

なんというか、まっさらの状態で

相手の話を素直に聴き入れて、それを実践していかれているのです。

これ、なかなかできることじゃないですよねぇ。

それがお顔にも出ていて、

くみさんは、私よりもずっと年上であるにも関わらず、

皺がない!!笑

そして、いつも楽しそうにニコニコしているんです。

そう、まるで少女のように!

やりたいことを実現しているのと、

やはり、「顔ヨガ」と「アロエベラ」のおかげなんでしょうかね?

・・・ということで、

くみさん!どうぞよろしくお願いします!

=========

ママ大10期生
アパラギ本舗
たんのくみと申します。

宮古島産のアロエベラジュースと
アロエベラ生葉を販売しております。

また、もう一つの仕事は
顔ヨガのインストラクターをしております。

何故この2つの仕事を選んだかと言いますと

どちらも 健康寿命を延ばすのに

とても大切なこだと思ったからです。

アロエベラは 食べることによって 

300種類の栄養と 8種類の酵素が摂取できるスーパーフードです。

顔ヨガはお肌の上から お顔の筋肉を鍛え 

リンパの流れを良くするためのアプローチができ

若顔 小顔 を作り出し 10歳若い印象になります。

また、なぜ宮古島産のアロエベラにこだわったのか?と言いますと…

その理由は

宮古島は 珊瑚が隆起してできた島でさので 

ミネラル成分が豊富な土壌です。

更に300種のビタミンと 8種の酵素が含まれております。

私が宮古島から仕入れているアロエベラ農家は

農薬を全く使っておりません。

雑草は 元気なヤギ達が食べてくれます。

先月 こんな環境で育った アロエベラジュースが出来上がりました。

是非 ママ大の方達にも お試しいただき 

美容と健康にお役立ていただけたらと思いました。

ママ大価格を用意しておりますので
どうぞよろしくお願いいたします!

==========

うーん、緊張してなんだかちょっと固い、くみさん笑

でしたが、

皆さんは、アロエベラ、アロエベラジュースは召し上がったことはありますか?

昔、おばあちゃんが庭から取ってきて、、、

なんて思い出もあるかもしれないですね。

私も何度かいただいたことがあるのですが、

ものすごい肉厚でジューシー!!

まさに、アロエベラこそ、

「畑の肉」だ!と思うほどですよ。

ご興味ある方は、ぜひ、こちらのメルマガにご連絡くださいね!

では、今日はこの辺で。

今日も笑いの絶えないすてきな一日を!!

============

9月分〜は、こちらから!!

「ママ大秋期講習」詳細はコチラから!

▼https://j-mec.com/service/personal-consulting/

まずは無料オンライン体験教室 受けてみませんか?

ママ大校章日本ママ起業家大学では「一度、授業を体験してみたい」という方に向けて、自宅で気軽に体験できるオンライン体験教室を実施しています。

インターネットTV会議アプリzoomで『無料オンライン体験教室』!
zoomを使ったことが無い人でも、インターネットとPC(またはスマホ)がネットに繋がっていればびっくりするほど簡単に繋げられます。ご安心を。

  • 無料です
  • ご自宅からインターネットで参加!
  • 交通費も時間も取られず、なんと言っても気軽〜
  • でも、ママ大の雰囲気は十分感じてもらえるはず

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitter、フォローお気軽に〜

おすすめの記事