ぜんぶ「この暑い、夏のせい」ですから〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ママ起業家大学メールマガジン
    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんにちは!

日本ママ起業家大学 理事
ママ起業家総研 主任研究員
トミタプロデュース 代表取締役

富田剛史(とみたつよし)です。

トミタプロデュース 代表プロフィール | トミタプロデュース株式会社 − メディア化のメソッド −

富田 剛史(とみた つよし)Different is better than better違いを生む独自発想と、マーケティング戦略・経営視点とをあわせ持ち地域や個店、個人にある独自の魅力を、商…

 *************

僕が昔から大好きな写真家に
ハービー・山口さんがいます。

モノクロの映画のような世界観で
ミュージシャンにファンが多く、
写真集やジャケット写真、時にはPVなど
ハービーさんの写真以降スターになった
ミュージシャンはたくさんいます。

山崎まさよし、槇原敬之、
由紀さおりが復活を遂げたCDも
ハービーさんのジャケットでした。

でもなんといってもファンに有名なのは
福山雅治でしょう。

若〜い頃の福山くんのツアーに密着し、
撮影された素顔の福山の写真集は
なんとも魅力的です。

福山雅治はこの写真集の仕事を通じて
ハービーさんの写真に惚れ込んで、
自分もハービーさんのように撮りたい!と
カメラを本格的に始めるのです。

その後、写真家としてもなかなかの腕前
となったことはご存知の通りです。

さて、そんなハービーさんとは、
去年の9月に久々に再会して仕事しました。

関門まで来てもらって、僕がやっている
「関門時間旅行」というプロジェクトで
ハービー・山口目線で見る関門の魅力を
感じてもらい、写真を撮り、語りあう…

というイベントをしたんですね。

その中で、関門海峡の両岸都市である
下関と門司とはいろんな意味で違いがあり
その性格の違う2つの都市を狭い関門海峡が
隔てているんだけど、それを何度も
船や電車や関門橋などで越えてみたのが
とても面白かった・・・と語っています。

そして、ハービーさんはこういいます。

「ギャップを超えることが、
  人生のクオリティを上げる」

これは実に深い発言です。

もう少し説明すれば、それは
なるべく違うものを両方感じてみると
より人生は豊かに楽しくなるよ〜ってこと。

・最高級の寿司屋と大衆酒場

・バックパックの旅とラグジュアリーツアー

・日本文化と中華系東洋文化と西洋文化

・アニメフィギュアとミケランジェロ

・顕微鏡で覗く世界と天体望遠鏡で覗く世界

・ジャングルやサバンナと大都会と田園 

なんでもいいけど、そういう違うことを
いっぺんに体感し大観する。

それで見えてくる世界に刺激を受ける。

これ、確かにそうなんですけど、
でも人はなかなか自分の世界を出ようと
しないんですよね〜、特に大人になると。

だから、時々ちょっと無理して、
無理矢理に、勉強だと思って、
誰かと一緒にでも普段絶対しないこと
絶対いかないタイプの店、場所、
行ってみるのはいかがでしょうか?

そういうことを思い切ってするのに
夏はいいチャンスですよ。

なんでも夏のせいにできるからね〜。

ハービーさんと語り合ったイベントは
アーカイブが残ってますので、
よかったらご覧になってみてください。

【録画公開中】ハービー山口さんを迎えて『ファインダー越しの関門時間旅行』 | 関門時間旅行

関門の魅力を探り、楽しみ、広める、好奇心メディア【関門時間旅行】。第2回目の番組は、門司港の海峡展望レストラン『陽のあたる場所』からの公開生中継。今回は写真家…

ではまた〜! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください