【発想トレ】まるで、笑点みたいなうちの家族

・・・まぁ例えばの話です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ママ起業家大学メールマガジン
    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんにちは。

日本ママ起業家大学 理事
ママ起業家総研 主任研究員
トミタプロデュース 代表

富田剛史(とみたつよし)です。

http://tomitaproduce.jp/profile/

 *************

あなたは日常で「比喩」って

どのくらい使いますか?

「ひゆ」なんていうと難しそうですが

「例えば・・・・」

「まぁいってみれば・・・」

「まるで・・・・・」

「ちょっと・・・・・っぽい」

要するに、そんな感じです。

ここで、

ちょっとややこしい話だけど

大事なポイントをひとつ。

この「比喩」には、

実は2種類あるって知ってますか?

ひとつは「直喩」といって

ホントに似ているものに例えること。

トビウオを「鳥みたいに飛ぶ魚」

というのは直喩。

「極楽鳥花」や「トケイソウ」も

一種の直喩。

ほんとに似てるものですから。

しかし、

旦那さんを「生ゴミ」や「カバ」

に例えるのは見た目や匂いが

ホントに似ているってわけでは

ありませんよね? たぶん。

これは「暗喩」といって、

<コンセプト>が似てるってこと。

旦那のコンセプトが生ゴミなのは

どうかと思いますけど・・・

まぁその家ではそういうことです。

ちなみに、ガイジンや学者は

暗喩のことを「メタファー」といいます。

かっこいいのでそういってもいい。

この「暗喩」、最初むずかしくても

慣れてくるとだんだん楽しくなります。

発想のトレーニングにとてもいい。

人生は、川の流れのようだ

ライバルは、高い壁のようだ

彼女がいると、花が咲いたようだ

あいつは、まるで便所の100ワットだ

みたいなヤツですね。

今の例はまぁまぁ分かりやすいけど、

もっとぐっとひねったのを考えると

面白みが出てきます。

一瞬、「え、なんで?」と思わせ

「だって____だろ!」

「あぁ〜なるほど!ポン(膝打ち)」

みたいな。

つまり、笑点の大喜利です。

パターン化しましょう。

  *******

ねぇ、私思うんだけど・・・

(ん?なんだい?)

____って____みたい。

(ほぉ、それは何で?)

だって、_______でしょ!

  *******

これ、子どもは結構うまい。

アタマが固い大人はなかなかできません。

ひとつ、コツをお教えしましょう。

 似てるものを考えるのをやめ

  適当に思いついたものを

   まず口にするのです

以前に書いた「好きな___は」

と一緒ですね。

とりあえず、何でもいいから

適当にいってみる。

いった後で、

だって、______でしょ!

をこじつける。

例えばね、

「掃除機って・・・」といって

実物を見ると、すぐ見た目の

似たものを探すでしょう。

で、「ろくろ首みたい」

となる。・・・つまらない。

そこで、「掃除機って・・・」

のあとはとりあえず

思いついたものを口に出してみる。

「青空みたい」

「富士山みたい」

「まごの手みたい」

(ほぉ、それは何で?)

だって・・・・

そりゃあなたが考えてください。

子供や旦那さんと一緒にでも

これを家で日常的にやって、

みんなが「それ、うまい!」って

ことをいった人には何かご褒美…

まるで、笑点みたいな、

相当楽しい家族になるでしょう。

 _____

さてさて、
大喜利遊びに慣れたら また

こちらを使ってみてください。

あなたのビジネスコンセプトを

ぱっと抽出してくれる

ママ大のオリジナルツール

ABCCシステム。

あなたのビジネスが見えるママ大独自ツールABCCシステムとSDHシステム

それでは、また!


ママ起業家が仕事をしていくのに役立つ考え方やノウハウ、悩み解消法や、イベント情報、ママ大の公開講座や体験教室の情報などをお届けするママ大の無料メールマガジン「マママガ」をお送りします。

不要になったらいつでもワンクリックで解除OK! お気軽にお申込みください♪(メールアドレス変更は下のフォームからどうぞ)

メールアドレス※必須
お名前(姓名)姓と名はスペースで区切ってください



めちゃ濃い情報を無料で!

マ マ マ ガ を読む
Copyright 2017 日本ママ起業家大学/(一社)日本女性起業家支援協会