赤ちゃんはなぜ生きていけるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ママ起業家大学メールマガジン
    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ] ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんにちは。

日本ママ起業家大学 理事
ママ起業家総研 主任研究員
トミタプロデュース 代表取締役

富田剛史(とみたつよし)です。

https://tomitaproduce.jp/profile/

 *************

今日も、マーケティングの話を少し。

昨日の「弱者の戦略」は大事なので
さらに腹落ちレベルを深めましょう。

難しい話だと伝わらないから、
今朝は「赤ちゃん」で考えてみます。

赤ちゃんは説明するまでもなく
圧倒的な「弱者」ですよね?

それが生きていけるのはなぜでしょう。

答えは?

 可愛いから!

ですよね〜。

でも、なんとなく答えるこの回答、
とても重要です。

赤ちゃんは「役に立つ」ではなく
単に「可愛い」しかない。

役立つどころが迷惑ばかりかける。
しかも弱っちぃから気を抜けない。

それでもにっこり笑えばすべてOK。
最強です。

でも、可愛いって一体何なのか?
「可愛くない赤ちゃん」というのを
想像してみてください。

顔がコワイ赤ちゃん?
大人くらいの大きさの赤ちゃん?
色が青い赤ちゃん?(それ青ちゃん…)
いつまでも成長しない赤ちゃん?

まぁ想像すると確かにちょっと引く。

でも、もしそれが自分の赤ちゃんなら
たぶん可愛いんじゃないだろうか?

見た目がどうでも、
役に立とうと立つまいと、
とにかく愛を注がずにはおられない・・・

そうです。
可愛いかどうかは実は、
「受け手の問題」なんですね。

赤ちゃんの側で取れる「戦略」は
(赤ちゃんほどこの言葉が似合わぬのもない)

1、唯一無二!ユニークであること

普通の人は「できふでき」を気にするけど
いちばん大事なのは「ユニーク」なこと。

他より優れていることではなく、
他と圧倒的に違うこと。
そこを際立たせれば際立たすほどいい。

2、ターゲットを絞ること

赤ちゃんはみんな「親専用」です。
究極のおあつらえ。

自分を育ててくれる人だけに
ターゲットを絞っています。

だから生きていけるんですね。
見事な弱者戦略です。

そして、昨日も
絞り込みをするなら同時にすべき
重要なポイントがあるといいました。

それはね、「情報発信」です。
絞ったら絞った分、
よりその絞ったターゲットに届くよう
情報発信を濃くしていくのが鉄則。

つまり、「メディア化」です。

この話はまた改めてしましょう。
良い週末を。

ではまた!

あそうそう、
そろそろ9月の予定たちましたか〜?

まずは無料オンライン体験教室 受けてみませんか?

ママ大校章日本ママ起業家大学では「一度、授業を体験してみたい」という方に向けて、自宅で気軽に体験できるオンライン体験教室を実施しています。

インターネットTV会議アプリzoomで『無料オンライン体験教室』!
zoomを使ったことが無い人でも、インターネットとPC(またはスマホ)がネットに繋がっていればびっくりするほど簡単に繋げられます。ご安心を。

  • 無料です
  • ご自宅からインターネットで参加!
  • 交通費も時間も取られず、なんと言っても気軽〜
  • でも、ママ大の雰囲気は十分感じてもらえるはず

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitter、フォローお気軽に〜

おすすめの記事