この早口言葉いえたらスゴイ!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ママ起業家大学メールマガジン
    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ] ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんにちは!

日本ママ起業家大学 理事
ママ起業家総研 主任研究員
トミタプロデュース 代表取締役

富田剛史(とみたつよし)です。

https://tomitaproduce.jp/profile/

 *************

突然ですが、早口言葉にチャレンジ。

  ワガママなママが

 マママガばかりバカママ!

できれば3回くらい

続けて言えればスゴイですね〜。

さて、さて

今週月曜のマママガで、

時間を稼ごうという話を書きました。

・これからの起業家はお金以上に「時間」を稼げ

・時間の稼ぎ方はお金と一緒で、

自分の時間支出をなるべく減らすのも大事だが

より大事なのは他人の時間を奪うこと

・なるべく多くの人の時間を

なるべく長く奪えるように努力する

ここまで書いてもまだ、

何かの比喩だと思っている人も

いるかもしれません。

でも、そうではなくて、

ホントにそれこそがビジネスなんです。

「え?他人の時間を奪うって、

人を雇えってこと?」

お金で人の時間を買うのはやり方のひとつですね。

しかし、それで多くの人の時間を

長く集めるには原資がかかりすぎです。

「お金じゃないならボランティア?」

いえいえ、
誰かに「時間労働」させるばかりが

「時間を奪う」ことではありません。

単純労働はどんどん機械の方が

効率が良くなっていきますから、

せっかく奪った人の時間ならもっと

人にしかできないことをしてもらいましょう。

それは・・・

「想ってもらうこと」

「楽しんでもらうこと」

これが究極の【人間の役割】です。

多くの人に、なるべく長い時間

「想ってもらうこと」

「楽しんでもらうこと」

ができたとき、その人たちの時間は

あなたに捧げられているといっていい。

エンターテインメント業界や、

放送業界の人はそればかり考えます。

映画でも番組でも同じです。

ヒットするものは、

そのコンテンツに触れていないときも

ずっとその人の気持ちを専有します。

脳内粘着性が高いというか、

もう、気になって、囚われて、

どうにもならなくなっていく・・・

人が誰か(または何か)を「好き」

になる度合は「それに囚われる時間」

の長さに比例します。(トミタ説)

好きになってさえもらえれば、

もう機能や値段なんて関係ありません。

アバタもエクボと昔からいいます。

そうしたら、

集客率、購買率、満足度・・・

すべては好転していくでしょう。

本当にサービス品質の内容を高めて

勝負しようということももちろん

大事なことではありますが、

大手企業はもちろんのこと、

先行するライバルにだって出遅れた

今の自分が品質線で戦おうとしたら

どれだけ大変なことになるか・・・

まず、整形して化粧も服も変えてから

好きな人にアプローチしよう…と

いうのは大変でしょ?

そんな必要はありません。

なるべく長く「想われる」しかけを

することです。

気になること、面白いこと、

脳内粘着性の高いこと・・・

考えてみてください。

よくできた広告やコンテンツは、

必ずそういうものを意図的に入れてます。

では、最後にまた

早口言葉に戻りましょう。

さらにハードル上げて・・・

  ワガママなママが

  マママガばかり

  古(こ)マママガまで

  ママがバカママ!

ね〜?

練習してくれればくれるほど

皆さんの時間は、

マママガに囚われていくのです。笑

よく練習してくださいね〜。

ちなみに、古マママガはこちら^。^

読みすぎ注意です。

ではまた!

まずは無料オンライン体験教室 受けてみませんか?

ママ大校章日本ママ起業家大学では「一度、授業を体験してみたい」という方に向けて、自宅で気軽に体験できるオンライン体験教室を実施しています。

インターネットTV会議アプリzoomで『無料オンライン体験教室』!
zoomを使ったことが無い人でも、インターネットとPC(またはスマホ)がネットに繋がっていればびっくりするほど簡単に繋げられます。ご安心を。

  • 無料です
  • ご自宅からインターネットで参加!
  • 交通費も時間も取られず、なんと言っても気軽〜
  • でも、ママ大の雰囲気は十分感じてもらえるはず

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitter、フォローお気軽に〜

おすすめの記事