「ブランド」化なんてかーんたん♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ママ起業家大学メールマガジン
    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんにちは。

日本ママ起業家大学 理事

ママ起業家総研 主任研究員

トミタプロデュース 代表

富田剛史(とみたつよし)です。

トミタプロデュース 代表プロフィール

富田 剛史(とみた つよし)

Different is better than better

違いを生む独自発想と、マーケティング戦略・経営視点とをあわせ持ち地域や個店、個人にある独自の…

 *************

さて、今日もブランドの話の続きです。

昨日はブランドとは牛の焼印だった

というお話をしました。

だから、ブランド化したければ

まず「マーク」を作ること。

ここで「他と違う」が大事なのに

他と同じようなマークを使う

ところが案外多い・・・

という話まで昨日はしたわけです。

考えてみてください。

例えば、クリニック系。

なんだかみ〜んな似たような

マークじゃありませんか?

ビジネス系のサービス。

やはり、名刺のロゴは

似たようなものが多くありませんか?

なぜそうなるのか?

1、主催者(経営者)の先入観

 なんとなく◎◎系はこんな感じ…

 という思い込み

2、デザイナーの先入観

 なんとなく◎◎系はこんな感じに

 しておけば文句いわなそう…

が主な原因だと思います。

「でも、お客さんにも<いかにも>

の方が分かりやすくていいのでは?」

と思ったあなた、それはその通りです。

そこが「いかにも」のいい点ですね。

しかし、それでは「ブランド化」は

しませんよということです。

だって、ブランドは

他と違うことを識別する”しるし”

なんですから。

別にへんてこりんなのにすべき

といっているわけではありません。

(面白い&信頼性も損ねないなら

へんてこりんもいいですが)

ぱっと見て他と違うと

見分けられるマークがいいと

いうだけです。

そして、それができたら、

とにかくあらゆるところに

付けまくりましょう。

あなたのサービスや商品が

まるで牛の放牧のように世に出て、

他の似たようなものと混じっても

一発であなたのものだと

自分にも他人にも分かるよう

牛の焼印並みにハッキリつける。

露出が増えて、

かつあなたの商品やサービスが

お客様に愛されるものなら、

続けるにつけ必ず

「ブランド化」していきます。

「世界ブランド」は結果であって、
ブランドとはまず
あなたの商品のファンが、
ほかと違うと意識して愛してくれる
ということなんですね。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください