ママ大体験教室、良かったら明日、いらっしゃいませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本ママ起業家大学メールマガジン

    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんばんは。

日本ママ起業家大学 学長の

近藤洋子です。

本日2回目のマママガは、

どうぞ秋の夜長のお供にぜひ、

ゆったりと読んで欲しい、メキシコの有名な小咄です。

寝る前のゆったり時間に、

お風呂に入りながら、子供の寝かしつけの絵本代わりに、どうぞ。

================

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた。

旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、

漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、

漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、

それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、

女房とシエスタして。 

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、

歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。

それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。
そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。

自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。

きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、

日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、

子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

===============

・・・いかがでしょう?

以前から好きだったお話ですが、

この話の面白さは、お金というのはあくまで「手段としての価値」、

というメッセージです。

お金というのは凄い発明で、色々な意味があるわけだけど、

いずれにせよ何かを実現するための手段という役割しかない訳です。

「稼げなくては起業家とはいえない。

稼げるだけでは”ママ起業家”ではない。」

というママ大のコンセプトが表すように、

お金を稼ぐことが唯一の目的ではなく、

「一体、なんのために働くのか?」

そして、お金を稼いで何をしたいのか?どういう人生を生きたいのか?

ということをはっきりくっきりと気付かせてくれるお話だと思います。

手段はなんでもいいから

とにかくお金を稼ぎたい!という人にはママ大はあまり合わないでしょうが、

やりたいことがあって、守りたいものがあり、

歩みたい人生がある、

そのために好きなことで稼ぎたい、

という方にはきっとママ大はお役に立てると思います。

ぜひ、体験教室でお会いしましょう。

▼https://j-mec.com/infomation/open-campus2018-autumn/

ぐっすり良い夢を。

まずは無料オンライン体験教室 受けてみませんか?

ママ大校章日本ママ起業家大学では「一度、授業を体験してみたい」という方に向けて、自宅で気軽に体験できるオンライン体験教室を実施しています。

インターネットTV会議アプリzoomで『無料オンライン体験教室』!
zoomを使ったことが無い人でも、インターネットとPC(またはスマホ)がネットに繋がっていればびっくりするほど簡単に繋げられます。ご安心を。

  • 無料です
  • ご自宅からインターネットで参加!
  • 交通費も時間も取られず、なんと言っても気軽〜
  • でも、ママ大の雰囲気は十分感じてもらえるはず

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitter、フォローお気軽に〜

おすすめの記事