【コンテンツ制作プチ講座】「時間デザイン」のキーは場面転換にある

まるで大相撲みたいなママ起業家の舞台!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ママ起業家大学メールマガジン
    [マ]  [マ]  [マ]  [ガ]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんばんは!
すっかり暮れてしまった・・・

日本ママ起業家大学 理事
ママ起業家総研 主任研究員
トミタプロデュース 代表取締役

富田剛史(とみたつよし)です。

https://tomitaproduce.jp/profile/

 *************

さて今回も、13日に実施したイベント

「ママ起業家プレゼン mi ra i 2018」

を素材にして、コンテンツ制作について

考えてみましょう。

現場で観た方はもちろん、WEB中継でも、

ママ大OGがスポンサーのバナーを持ち

時々バナーウォーキングするのが

印象に残っていることでしょう。

あれは元々は一昨年やった二子玉の会場が、
イベント会場のど真ん中に真四角の
特設ステージを作る会場構成だったので

考えたもので、まさに大相撲の懸賞幕

のようにぐるぐるステージを回ってから

降りていくというものでした。
 ↓これです。懐かしいね、二子玉

スタッフ内では通称「ぐるぐる」。

今年は別に回らなかったですが。笑

これにはいろいろな意味があります。

さて何のためにやっているのでしょうか?

◎場面転換を鮮やかにするため

イベントでも、セミナーでも、

ラジオ番組でもテレビ番組でも、

【時間を伴うコンテンツ】にとって

最大の演出ポイントというのは

「場面の転換」にあります。

これが、鮮やかに、テンポよく、

スパっと決まればぐっとワクワク度が

変わってくるものなのです。

ラジオだと「ジングル」といって

局の名前や周波数、番組名などを

かっこよく音編集した短いパーツを

使って場面転換します。

テレビでも生バラエティなどでは

時々「ジングル」的なものを使いますね。

気にしてみると面白いですよ。

また、NHK以外の放送局では、

企業CMも重要な場面転換ツールです。

◎なぜ、場面を転換するのか?

それはもちろん飽きさせないため。

【時間を伴うコンテンツ】にとって

最大の敵のひとつは「飽き」です。

「あっという間だった!」というのは

最大の賛辞ですね。

でも、簡単にお伝えしましたが、

案外これを普通の人は考えないんです。

授業もセミナーも仕事も・・・

つまらないと言われるものは決まって

場面転換なしに長時間続くものです。

逆にいうと、授業でもセミナーでも、

飽きるかな?と思うタイミングで

スパッと場面転換を図ればいいんです。

やり方はいろいろありますよね。

できれば、鮮やかで面白くて

オリジナリティが高いものがいいです。

◎舞台セットを換えるため

今回のママ起業家プレゼンmirai

もそうですが、会場のステージには

劇場のような「幕」も無いし、

暗転することもできません。

そんな中で、オープニングシーンから

パネルディスカスの机イスのシーンへ

さらに、プレゼンのセンターマイクへ・・・

などと、部隊のセットを換えたり

壇上の人が変わったりするわけです。

これを、鮮やかに行うために「幕」の

代わりとしてバナーウォークがあります。

ですから、バナーは舞台前面をズラリと

隠していますよね。

横とピタリと着くのが今回のポイント。

後ろで必死に机を動かしています。

 ↓そう思ってみてみてください

◎ブランド名やロゴを印象的に伝えるため

せっかく協賛してくれている企業様に

喜んで頂くこともとても大事です。

その意味でもこのバナーウォークは、

現場だけじゃなく映像でも目立ちます。

協賛企業のご担当者も目の前でも楽しめ

あとで映像を見直しても面白いと思って

頂けたら嬉しいなあと思っております。

◎運営メンバーの一体感にも♪

さらに、副次的な効果として、

やっている方も一体感と参加感が出ます。

何しろ、極めて少ない当日の準備時間で

プレゼン場面や他のことをさしおいて

もっとも時間をかけて練習しているのは

このぐるぐるなんですから・・・

今年のプレゼンターを応援する気持ちで

ママ大の先輩や同期のメンバーが

一生懸命やってくれています。

去年ステージに上っていた人もいて、

こういうところに、過去から未来への

「繋がり」が生まれるんですね〜。

  _______________________

こういうのが「時間のデザイン」の

具体的な設計内容です。

自分とは遠い世界…と感じるかも

しれませんがそんなことはありません。

小さなイベントやセミナーでも、

リアルなショップでも実はWEBでも

「受け手の飽きを意識して時間設計すること」

「場面転換を鮮やかにすること」

「場面転換の前後のギャップを意識すること」

などを意識するとしないとでは

だいぶ違うものになることでしょう。

ということで、詳しくはまたママ大で。

ではまた!


ママ起業家が仕事をしていくのに役立つ考え方やノウハウ、悩み解消法や、イベント情報、ママ大の公開講座や体験教室の情報などをお届けするママ大の無料メールマガジン「マママガ」をお送りします。

不要になったらいつでもワンクリックで解除OK! お気軽にお申込みください♪(メールアドレス変更は下のフォームからどうぞ)

メールアドレス※必須
お名前(姓名)姓と名はスペースで区切ってください



無料体験教室やってます♪

スケジュールを見る
Copyright 2018 日本ママ起業家大学/(一社)日本女性起業家支援協会