いつも「顔」に見えるもの探している…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本ママ起業家大学メールマガジン
[マ]  [マ]  [マ]  [ガ] ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ママ起業家の皆さん、こんにちは。

日本ママ起業家大学 理事
ママ起業家総研 主任研究員
トミタプロデュース 代表

富田剛史(とみたつよし)です。

ママ大の授業も担当しますし、
普段は、
「メディア化」をテーマに、
企業やお店、地方自治体などに、

「利用者」→「ファン」に変える

お仕事をしています。

もっと詳しく知りたい!
どんなヤツだろ、顔が見てみたい!

というあなたはこちらへどうぞ。
http://tomitaproduce.jp/profile/

 

*************

さて今日は「発想」のきたえ方の話。

僕は「企画」することが仕事なので、

「発想が豊かですね〜」

「どうしたらそんなにいろんなこと
思いつくようになるんですか?」

と時々きかれます。

まぁ性質もあるとは思いますが、
ある程度「訓練」も可能だと思います。

「頭が柔らかい」というとおり、
硬くなった頭には柔軟体操が必要です。

今日は2つご紹介します。

 

その1
「顔」を探す

よく子供がやるでしょ。
あれ。
僕はいまもいつでも「顔」を見つける
センサー全開で、部屋でも街でも
みています。

基本は、◎や・が二つあれば目で、
それが「目」に見えてきたら、
あとは表情をどう見るかです。

あなたの周りにもたぶんあります。

なかなか見つけられない人は、
車の「顔」を見比べてみるといいです。

意外と面白いのは、テールの方の顔。
すごい表情豊かです。

そして、夜になるとさらに、
テールランプが点きますから、
ますます表情が出てきます。

そう思って夜の道路を見ていると
かなり面白い・・・(危ない人?)

 

その2
「何々用」を意識して使わない

世の中の商品は、
細かく使用目的を規定しすぎです。
まぁそれがマーケティングでもあり
だからこそ商品が売れるわけですが、

逆にいうと、
それが想像力を奪う元凶です。

それに完全に慣らされると、
「何々用」と誰かに決めてもらわないと
不安で仕方ない人になる。

 

僕は何か、素材に近いものが好きです。

部屋には、「レンガ」や「木の板」や、
「切り株」や「枕木」などがあり、
時に重しに、ときに椅子に、
ときに仕切りに、ブックエンドに…
と適当に変わります。

最初は、どこかのお店や、
雑誌の写真で見た工夫などを真似してみて、
徐々に自分なりに変える。

ちょっとした工夫をすると、
大メーカーや広告代理店や何やかや
いろんな人の「思惑」から少し解放され
ちょっとだけ「自由」が手に入ります。

小さなことから試してみてください。

 

さて、

日本ママ起業家大学は、
そのノウハウと仲間を得る、
「ママ起業」に特化した
ほかにはちょっとない起業スクールです。

来週から、第8期の授業がスタート。

すぐじゃなくても、
自分の中の機が熟したら、
ぜひあなたも参加してみてください。

ママ大のカリキュラムはこちら

 

それでは、また!

まずは無料オンライン体験教室 受けてみませんか?

ママ大校章日本ママ起業家大学では「一度、授業を体験してみたい」という方に向けて、自宅で気軽に体験できるオンライン体験教室を実施しています。

インターネットTV会議アプリzoomで『無料オンライン体験教室』!
zoomを使ったことが無い人でも、インターネットとPC(またはスマホ)がネットに繋がっていればびっくりするほど簡単に繋げられます。ご安心を。

  • 無料です
  • ご自宅からインターネットで参加!
  • 交通費も時間も取られず、なんと言っても気軽〜
  • でも、ママ大の雰囲気は十分感じてもらえるはず

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

Twitter、フォローお気軽に〜

おすすめの記事